大人気の燕山荘!ナイトハイクでテント場攻略



お疲れ山です!島崎三歩です!

失礼致しました。

キャンプに人生を捧げた24歳、エンジョルマンです。

今回は、紅葉シーズンということもあり、最高のロケーションを求めて、北アルプスにある燕山荘でテント泊をしてきました。

燕山荘(えんざんそう)テント場とは。


長野県・北アルプス燕岳(つばくろだけ)2763mの頂上稜線にある、燕山荘(えんざんそう)2712mが経営しているテント場です。

ロケーションが良いが、テント場が省スペースのため、混雑する。

張数       30張

料金       800円/人

水場       なし(燕山荘で購入可能 200円/L)

お手洗い     あり(トイレットペーパーなし)

コンディション  土(ペグダウン可能、岩あり)

行程

9/28(金)《1日目》

4:00  中房温泉(登山口)

6:30  合戦小屋

7:30  燕山荘

9/29(土)《2日目》

7:00  燕山荘

7:20  合戦小屋

9:00  中房温泉(登山口)

装備


装備名        ブランド名   製品名称

ザック        MAMMUT    Trion Pro 35L

トレッキングポール  Black Diamond トレイルプロ

テント(シェルター) Locus Gear   Khufu Tyvek

ペグ         HILLEBERG   Yペグ

バーナー       JETBOIL    MINIMO

シュラフ       NANGA     AURORA light 450DX

ライト        Snow Peak   たねほおずき

サコッシュ      MOJA      オーダーメイド

《1日目》9/28(金)

3:00  中房温泉、駐車場に到着。


都内でミーティング後に、そのまま車を走らせて到着しました。

看板では、【空】ですが、第1駐車場は、ほぼ満車状態。

第1駐車場以外は、登山口から離れてしまうため、週末登山の場合は、3:00までには到着することをオススメします。

駐車場までの山道は、『狭い、険しい、長い』のドライバー泣かせ三拍子が揃っているため、運転手は気合いが必要です!

本当に道が合っているのか、心配になってしまうくらいの道です。

同乗者も運転手を応援しましょう!

ちなみに、今回の同乗者(妹)は爆睡でした。(コノヤロー)

4:00 中房温泉、登山開始


『大人気のテント場でテント泊を満喫する』

↑目的だったため、ナイトハイクを決断していました。

学生時代にオールをした際、

深夜帯に眠気が飛び、覚醒してハイテンションになる。

そんな状態で、

到着後、すぐに準備して、登山開始しました。

初の燕岳で、初のナイトハイクです。

熊鈴がないため、定期的に拍手をして、私たちの場所を知らせながら、進みました。

こんなに拍手をしたのは何年ぶりだろう。

6:00 合戦小屋、到着


拍手を続けること2時間。

合戦小屋に到着しました。

いや、通過しました!

夏場は、新鮮なスイカが食べれることで有名な合戦小屋です。

トイレはチップ制ですが、清潔感があり、清掃が行き届いている印象でした。


合戦小屋を通過すると、

森林限界になるため、合戦尾根を辿りながら、燕山荘を目指すことになります。


ここまでくると、景色が良くて、疲れが取れます。

ナイトハイクのお陰もあり、

登山者も少なく、雲海と紅葉を満喫しながら、ゆっくり標高を上げていきます。


しばらくすると、燕山荘。もうちょっと!

7:30 燕山荘に到着


登山開始から、3時間30分。到着致しました!

最後は急登ですが、目的地が見えているため、足が思いのほか軽く、快調に進みました。

燕山荘で受付を済ませ、すぐにテント設営開始!


朝の雲海を見ながら、のんびりと・・・


完成!

今回のテントは、

Locus Gear Khufu Tyvek

(ローカスギア クフ タイペック)

Locus Gearとは、日本を代表するガレージブランドのひとつで、超軽量活高品質なシェルターは、世界中のアウトドアファンから支持されています。

機能性だけでなくデザインも美しく、UL(ウルトラ・ライト)を好む方だけでなく、キャンプが好きな方にもオススメのシェルターです。


旧ロゴです。


しばらく、

テントから見える雲海を楽しみながら、モーニングコーヒー。

重いけど、お気に入りの『PENDLETON × Fire-King』の限定マグカップ。


燕山荘で食べる予定はありませんでしたが、

メニューを見たら、どれも美味しそうで、結果、我慢できず、注文致しました!


左:チキンカレー  右:カツカレー

燕山荘で有名なケーキも頂きました。


ケーキセット:950円


食後、頭痛と吐き気が悪化して、15:00に就寝。(労作性頭痛かな)

燕岳には登りませんでした。

2:00に起床して、頭痛は解消しました。


夜景の撮影開始。

予報は外れて、星は撮影できませんでしたが、

雲がまた幻想的で、1時間ほど、夜景を照らされているテントを観賞しながら、のんびり撮影。


テントと夜景のマリアージュ。このセットを撮影しているときが一番好きです。

撮影するたびに、やっぱりテントが好きなんだなと実感します。


撮影も楽しみ、再び就寝・・・

5:00 起床


ポタ・ポタ・・・

雨がテントにあたる音で起床。

台風が接近していたため、早めに朝食を済ませて下山。


燕山荘をバックにパシャリ。

最高の景色と思い出をありがとうございました。さらば!

トレランのように下山して、2時間で登山口へ到着。


登山口にある中房温泉が最高でした。

露天のみで温度も丁度よく、疲れた体を癒してくれました。

この後も、楽しみがあるため、車に乗り込み移動!


雨天の中、2時間、車を走らせて。


お寿司で完結!


Next Camping Life...


​オススメ記事

  • White Instagram Icon

​DOG WALKERは、愛犬の散歩代行サービスです。

© 2019 ENJOLE&Co.,Ltd.